女性の需要が増えている名古屋の医学部予備校

女医を目指すなら習熟度が高い医学部予備校を選ぶがマスト

女の子でも医学部受験は出来る!医学部予備校でレベルアップ

女医を目指す女の子が現役合格するための医学部予備校活用術、受験を勝ち抜く効率的な学習法を見てみましょう。

■女性医師の需要は増えている病院では、デリケートな部分を見られたり身体に触れられたりします。医師とは言え男性の対応に抵抗を感じる患者さまは多く、健診がスムーズに進みません。女性医師が増えていくと、乳がんや更年期障害など女性特有の病気予防と早期解決に役立つでしょう。女性専門外来を設けている病院もありますが、予約で埋まることが多く、需要に追いつかない状況です。現代において、女性医師は社会的存在意義が大きく、必要とされる人材となっています。

医師への道のり

医師

医師になるには医学部卒業が絶対条件であり、最初の関門と考えてください。医学部に入った後、免許取得のため国家試験を受験します。国家試験に合格したら卒後臨床研修を経て、医療現場に出ていきます。卒後臨床研修とは、研修医としてある病院に入ることです。先輩医師の指導を受けながら、医療の場で活躍できる即戦力を養います。

女子の医学部受験

医学部への受験を考えているのですが、現在の受験状況はどのようになっていますか?
競争率が年々高まっていて、合格倍率約14倍と狭き門になっています。志願者自体は減少傾向にあるとも言われますが、名古屋にある医学部予備校に入ってしっかり対策しておかないと、いい結果は望めません。国立一本にしぼっていた層が、私立併願する傾向も出てきています。私立なら入りやすいというのは過去の話で、国立同様の対策が必要でしょう。なるべく早く対策を進めることで周囲の受験生との差がつき、合格の見込みが高くなります。
女子が医学部を受験するのは無謀でしょうか?
女子学生でも医学部入学者は一定数出るもので、きちんと対策していけば合格できる見込みがあります。理数系科目に強いというよりコツコツ学習するのが得意なところが、女子学生の強みです。男子学生と比較して自分の欠点を客観的にとらえるスキルにも長けているので、苦手分野を克服できます。医学部試験に女子が不利ということはなく、試験結果によって決まります。女子であることを悲観しないで、前向きに取り組みましょう。

医学部予備校に行こう

過酷な医学受験を勝ち抜くためには、名古屋にもたくさんある医学部予備校をおすすめします。受験校の特徴や出題傾向をとらえた専門的な対策で、合格見込みが高まるためです。大手予備校から少人数制スクールまで様々なスタイルがあるので、自分にあった学校を探してみましょう。

医学部予備校で学習をしている先輩の声

女子でも、予備校選びをしっかりすれば大丈夫!(20代/女性)

予備校で教えてくれた内容がそのまま試験に出て、落ち着いて解答できました。とくに数学が苦手科目だったのですが、志望校に沿った内容で丁寧に指導してくれたのでぐんぐん成績が伸びました。受験勉強は孤独との戦いとなりますが、はげましてくれる先生がいると頑張れます。女子だからと自分に言い訳していたのが恥ずかしくなるくらい熱心に教えてくれたので、予備校選びの重要性を感じています。

予備校選びは、まず自分を知ることが大切ですよ。(20代/女性)

名古屋だけでも医学部予備校がいろいろあるため、自分に合った環境選びが重要だと思います。教育方針やカリキュラムをよく調べて、モチベーションにつながる学校選びをしてみましょう。私の場合はライバルと切磋琢磨しながら勉強したかったため、クラス制を選びました。同じクラスの女の子は良いライバルであり、一緒に合格を目指す大切な仲間と考えています。

高校生の今から始める医学部受験~予備校以外の過ごし方~

医学部合格を目指してどのようなスケジュールで勉強すればいいのか、受験までの過ごし方や勉強の進め方を考えてみましょう。

医学部受験までのスケジュールを考える

自分の学力を正しく把握したうえで、目標とする大学を決めましょう。志望校が決まったら入試科目や配点バランスを調べて、どの科目を集中的に学習すると効率的か考えます。どの科目でどのくらい点数を伸ばせば合格射程圏内に入るか考えて、スケジュールを決めてください。全ての科目を均等に学習するだけでは医学部合格は難しいので、限られた時間で効率的に学習する計画を立てましょう。予備校の先生に相談しつつ、自分にあったスケジュール作りを進めてください。

学習方法を工夫する

予備校に通う時間以外の学習法を工夫していました。(20代/男性)

試験が苦手なタイプだったので、自分に自信をつけるための学習スタイルを考えました。一貫して続けていた学習法は、あえて簡単な問題集を解き続けることです。何度も基礎問題を解いていると満点に近い点数が増えて「出来る」という自信がつきます。発展問題でつまずいた時の復習にも役立つので、合格に向けたベースが出来ます。

予備校で学んだこと、学校で学んだことを繰り返し復習しました。(20代/女性)

起きたらすぐ英語の聞き取り問題を10個解く、数学の基礎問題集を1ページ解いてから寝るなど、勉強習慣をつけていきます。着実に実力をつけていき、積み重ねでライバルに差をつける作戦です。時間をかけすぎると続かないので、少しの努力でできる範囲にとどめるところがポイントでしょう。授業の復習を続けることも、ミスを減らすために大切です。

受験する大学の情報を集める

医学部入試は学校によって出題傾向が異なり、受験に際する情報収集が不可欠です。科目ごとの配点や解答形式など、細かな出題スタイルをつかみましょう。得意科目によって有利になる学校にターゲットをしぼると、合格見込みが高くなります。英語の配点が高い、数学を重視するなど、特徴をふまえた志望校選択を意識しましょう。

推薦入試も考える

通常試験以外に推薦・AO入試もあり、条件を満たすと出願できます。出身県によって有利に働く医学部も出てくるため、詳細を調べてみましょう。対策しにくい受験スタイルなので、平行して一般試験の対策を進める配慮も必要です。  

TOPボタン